Archive for 9月, 2014

駿河台病院最終日

火曜日, 9月 30th, 2014

ついに本日を持って駿河台病院の歴史に幕が降ります。

古い古いと思ってましたが、いざ終わるとなると寂しいですね。

ここに入院・通院していた患者様、働いていたスタッフの方々、

それぞれ色々な思い出があることでしょう。

 

 

 

駿河台病院整形外科ドクターでの集合写真です。

 

こちらはAグループメンバー

頼もしい豊泉班長です。

 

 

そしてBグループメンバー

力強い龍班長です。

 

メンバーもほぼ変わらずに新病院へ移行します!

 

新病院は10月3日より開院致します。

初めのうちはスタッフも不慣れなことが多く、患者様をお待たせしてしまうことも多々あるかと思いますが、

なるべく早く新システムにも慣れ、ご不便をおかけすることのないよう頑張っておりますので、

何卒よろしくお願い致します。

 

駿河台医局長 鈴木 貴士

駿河台病院に関するお知らせ

月曜日, 9月 29th, 2014

 

駿河台日本大学病院は10月から場所を移転し新病院へ移ります。

名前も日本大学病院と変更となります。

 

新病院「日本大学病院」

 

10月の新病院開院へ向け、この何日間で急ピッチで引っ越しの準備をしております。

写真は慣れ親しんだ医局の風景です。

 

ごちゃごちゃとしていましたが、皆様の思い出がたくさんあります。

片付けをしていると思わぬ懐かしいものがでてきたりしています。

 

こちらも慣れ親しんだ病棟の風景です。

同じく思い出深い場所ですね。ここで長い時間過ごしました。

 

 

新病院は電子カルテとなるために紙のカルテを使うのもこれで最後となります。

 

 

103日より新病院で診察が始まります。

パワーアップした設備で今まで以上に力を発揮して診療に当たっていきますので、

みなさまご来院いただければと思います。

 

 

次回からは新病院の中身を少しずつ更新していきたいと思います。

 

駿河台医局長 鈴木貴士

さくら整形外科ベーシックセミナー

水曜日, 9月 24th, 2014

いつの間にかすっかり涼しくなり、秋らしくなってまいりました。

季節の変わり目、体調を崩しやすい時ですので皆様ご自愛ください。


さて、季節は秋に変わりましたが、

当医局では変わらず様々な研究会を開催しております。

9月13日(土)、リビエラ東京にてさくら整形外科ベーシックセミナー 

開催致しました。

 

外科系に関心のある研修医の先生方を対象に、

整形外科の基本的手技を体験していただくセミナーです。

縫合・関節穿刺・骨接合術・ギプス固定等、医局員の指導の下体験していただきました。

 

当日の様子がこちらです。



 


ギプス講習では体も差し出しております。


いつもの医局らしく、終始和やかに行われました。

 

初めての開催でしたが、ご好評いただき何よりでした。

整形外科の実際の雰囲気やおもしろさが多少はお伝えできたかと思います。


参加いただいた先生方お疲れ様でした。

これをきっかけに整形外科の道へと進む先生が増えれば嬉しいことです。

H26/9 医局研究会

水曜日, 9月 24th, 2014

7月・8月の夏休み期間が終了し、9月より医局研究会が始まりました。

今月は22日(月)、板橋病院で行われました。

 

 

2か月ぶりの研究会の優秀賞は、、

駿河台病院、平成26年新入医局員の黒田洋祐先生です。

演題は、「OA膝に生じた脛骨高原骨折に対して一期的にORIFとTKAを施行した一例」でした。

黒田先生、おめでとうございました。

 

そして、今月は麻酔科学系分野 診療教授 加藤 実先生にお越しいただき講演していただきました。

「慢性疼痛に対する新しい薬物治療の実際」

 

普段から困った症例をお願いしたり連携の強い科ですので、

普段の診療に即した講演を聴くことができ、まさに明日から役立つ内容でした。

加藤先生、誠にありがとうございました。

 

 

 

さて、医局では医局研究会活性化委員会を設けています。

9月からも委員会で定めた2つの制度が実施されましたので少しご紹介いたします。

 

まず、座長を1名から2名へと増やしました。

若手の先生にも会の進行・司会を経験してもらうために考えられた制度です。

2つめは、演題の募集期間・締切日を早めて、準備期間を長く設けました。

今月、評価点数の平均(5名の評価者によって演題毎に評価しています)が従来より高くなり、その成果が出たのではないでしょうか?

 

今後に注目です。