Archive for 7月, 2014

留学日記①

水曜日, 7月 23rd, 2014

ただいまオーストラリアに留学中の穂坂邦大先生が留学先での様子を教えてくれました!

これから少しずつ留学日記として更新していきたいと思います。

—————————————————————————————————–

こんにちは。

今僕は、徳橋教授や医局員の御厚意のおかげで、オーストラリアのアデレードのアデレード大学の整形外科の基礎教室の1つである、Bone cell biology groupに留学に来ています。

アデレードは日本からの直行便がなく馴染みがないかもしれませんが、オーストラリアの南、South Australia州の首都です。

他のオーストラリアの大都市が、流刑の地であったのに対し、ここは宗教の自由を求めて、ヨーロッパから移民してきたという歴史があり、町並みもヨーロッパ風で、非常に綺麗です。

人口当たりのレストラン数もオーストラリアで一番多いということです。

これは、世界的にも有名なバロッサバレーをはじめとしたワイナリーが多いことも影響していると思います。

ですから食事もワインも最高です。安全でもあり世界の住みやすい町に何度も取り上げられているほどです。

ただ、物価が高くてびっくりです。

これはオーストラリア全体でそうですが、サンダル1個買うのに4000-5000円、外食するなら昼飯は1000円が当たり前で、ユニクロや吉野家が懐かしい感じです。

 さて、僕の留学している教室は、骨粗しょう症や、リウマチなどの炎症性疾患の骨代謝、人工関節のlooseningなどの研究しています。

BossGeraldをはじめ、9人の研究員がいます。決して大きくはありませんが、非常にいい雰囲気です。

誰かの誕生日にはみんなでランチで出かけたり、Bossがいないときにはmorning teaと称してcafeに行ったりしてます。

僕は人工関節の実験に興味があり、こちらに来ましたが、いろいろありまして現在はビタミンと骨の関係について研究をしています。

今後は人工関節、炎症性疾患の骨代謝の研究に行く予定ですが、どうなるかは???です。


 今回は一回目の便りということで、オーストラリアといえば定番の(野生の)コアラを載せておきます。

 

穂坂邦大



 

第15回 桜整形外科夏季セミナー

水曜日, 7月 23rd, 2014

桜整形外科夏季セミナーが7月19日(土)、

日本大学医学部の講堂で開催されました。

毎年恒例のこのセミナー、未専門医の若手医師を対象にしております。

 

今年のテーマは 『基礎と臨床のコラボレーション』

 

 

德橋教授の開会の挨拶で夏季セミナースタートです。

 

 

実は講師も参加者の先生方です。
先生方は2人1組となり、担当のスタッフの先生の指導のもと、
与えられた講義内容をまとめて講義しています。

 

 

 

午後は講堂も変わり、計7時間講義を行いました。

 

 

そして、学術講演として

北里大学北里研究所病院 整形外科 千葉一裕先生にご講演いただきました。

「腰痛診療 過去・現在・未来」

 

 

千葉先生、誠にありがとうございました。

若手の先生方にとってとても良い機会となりました。

 

 

長岡教授の挨拶で、閉会となりました。


 

先生方、1日お疲れさまでした!

 

 

その後は和気あいあいと懇親会が開催されました^^

 

新入医局員クルズス-2-

月曜日, 7月 14th, 2014

先週に引き続き、12日(土)に2日目のクルズスが行われました。

今回はホテルメトロポリタン池袋の一室です。

 

 

 

講義は聞いているだけでなく、模型を使用しての実習も含まれます。

ぜひ臨床の現場で役に立てていただければと思います。

    

 

今年度のクルズスはこれで終了です。

新入医局員の先生方・講師を務めた先生方、お疲れさまでした!

新入医局員クルズス-1-

月曜日, 7月 7th, 2014

当医局では、毎年2日にわけて新入医局員向けの講義(クルズス)を行っております。

内容は、紹介状の書き方等の事務作業から整形外科急患の処置等の臨床に関する内容まで多岐にわたっており、整形外科医としての基礎講義です。
 

 

クルズス前半が7月5日(土)に駿河台病院で行われました。

先日ブログでも紹介しました新入医局員の先生方、みっちりお勉強です。

 

時には和気あいあいと。。

 

先生方お疲れさまでした。

また今週末のクルズスも頑張りましょう!

第8回夏季プライマリケア腰痛シンポジウム

月曜日, 7月 7th, 2014

7月4日(金)ホテルメトロポリタン池袋にて、第8回夏季プライマリケア腰痛シンポジウムが

開催されました。

当医局で開催している研究会の1つで、開業医の先生方が多くご出席されます。

 

 

当医局OB、こやの整形外科内科 院長 小谷野 誠司先生の開会挨拶で始まりました。

 

本年は、2名の先生方に特別講演していただきました。

 

特別講演Ⅰは、

福島県立医科大学会津医療センター 整形外科・脊椎外科学講座、

白土 修教授にご講演いただきました。

演題名は『腰痛診療ガイドライン2012の紹介と実践』です。

 

 

 

つづきまして、特別講演Ⅱとして、川崎医科大学 脊椎・災害整形外科学、

長谷川 徹教授にご講演いただきました。

演題名は『腰下肢痛と内視鏡下手術の現状』です。

 

白土先生、長谷川先生、ご多忙中ご講演いただき誠にありがとうございました。

今後の日常診療に大変役立つ内容でした。

 

当医局OBのおだ整形外科 院長 小田 博先生の閉会挨拶で閉会となりました。

 

 

当医局では様々な分野の先生をお招きして、研究会を開催しております。

ホームページ(https://www.ortho-nihon.org/)に随時案内を更新しておりますので
ご覧いただければと思います。