H26/9 医局研究会

7月・8月の夏休み期間が終了し、9月より医局研究会が始まりました。

今月は22日(月)、板橋病院で行われました。

 

 

2か月ぶりの研究会の優秀賞は、、

駿河台病院、平成26年新入医局員の黒田洋祐先生です。

演題は、「OA膝に生じた脛骨高原骨折に対して一期的にORIFとTKAを施行した一例」でした。

黒田先生、おめでとうございました。

 

そして、今月は麻酔科学系分野 診療教授 加藤 実先生にお越しいただき講演していただきました。

「慢性疼痛に対する新しい薬物治療の実際」

 

普段から困った症例をお願いしたり連携の強い科ですので、

普段の診療に即した講演を聴くことができ、まさに明日から役立つ内容でした。

加藤先生、誠にありがとうございました。

 

 

 

さて、医局では医局研究会活性化委員会を設けています。

9月からも委員会で定めた2つの制度が実施されましたので少しご紹介いたします。

 

まず、座長を1名から2名へと増やしました。

若手の先生にも会の進行・司会を経験してもらうために考えられた制度です。

2つめは、演題の募集期間・締切日を早めて、準備期間を長く設けました。

今月、評価点数の平均(5名の評価者によって演題毎に評価しています)が従来より高くなり、その成果が出たのではないでしょうか?

 

今後に注目です。

Comments are closed.