ブログ

日本大学医学部整形外科学のブログ

医局の活動や行事、近況報告を紹介しています。

板橋病院 駿河台病院 日本大学整形外科同門会

板橋病院整形外科學分野 臨床実習の手引き

月曜日の朝、医局に標準整形外科持参にて7時50分に集合。(月曜祝日の場合は無し)

朝の輪読会に参加
(アメリカ整形外科学会の整形の教科書を、若手医局員が英語の勉強のために読む会)

  • 終了後、今週のポリクリの紹介。速やかにテレビの前に番号順に整列し、(番号、名前、出身高校、所属の部活または趣味、その他アピールあれば一言)を述べる
  • 輪読会終了後、医局にてガイダンスを行う

ガイダンス

  • 今週の手術予定表から受け持ち患者を決める。(レポートの疾患)
  • 一週間の予定表の説明
  • 各種講義の説明
  • 手術見学は、予定では午後の専門外来陪席と重なっているが、手術の有る場合は手術優先にすること。
    ※ただし講義はその限りではない
  • 試問は(徳橋教授・斎藤准教授・吉田准教授・關講師)のいずれかにて行われる
  • 将来の選択科目としての整形外科
  • 研修医期間の、選択科目としての整形外科

日大の整形外科医局の特徴について(研究班、バランス、出張病院など)

  • 徳橋教授の専門分野(脊椎)
  • 人工関節・RA(斎藤修)・腫瘍(吉田)・スポーツ整形(加藤)・手の外科(山口)、 リハビリ、足の外科、小児整形、肩、股、末梢神経

    ・・・全スタッフの専門について紹介。

教科書で見てほしい箇所

  • 関節リウマチ
  • 骨腫瘍・骨肉腫・転移性骨腫瘍
  • 頸椎・腰椎変性疾患・腰部脊柱管狭窄症など
  • 変形性膝関節症・変形性股関節症・発育性股関節など
  • 膝関節・膝前十字靱帯損傷
  • 関節(膝)の診察の仕方
  • 脊椎に関連させて神経学的所見の診察の仕方(一次ニューロン、二次ニューロン、反射…)

関節のレントゲン読影のポイント

どの関節のレントゲンなのか?方向は?
(提示されたレントゲンは、膝関節の正面像と側面像、及び軸斜像である)
 Alignment(アライメント:整合性)を全体的に見る
 骨の辺縁をすばやく、一回りする
 左右があれば、健側と比べる

  • 関節裂隙を見る。(軟骨の健全な厚さの証)
  • 骨棘形成は?軟骨下骨の硬化像?軟骨下骨にシスト形成は?
  • 透過性の亢進している部分は?

ポリクリの一週間で、押さえてもらいたいポイント

  • 各疾患の病態が理解(単なる暗記でなく)できるようにするために、解剖、組織を教科書の総論でおさらいしておく。
  • 病態、疫学、症状、診断(検査の選択とその特徴)、治療について。

*BSLでは、患者さんの実際の症状、所見、検査所見に触れて欲しい。
*治療について教科書では、あっさりその方法が書いてあるが、特に外科では細かな手技、コツ、理想と現実のギャップ、患者さんへの侵襲・不利益が存在することも見て欲しい。手技の難しい点などを、担当医たちに聞いて欲しい。

  • 治療方法、及び手術の適応などには、普通いくつかの選択肢がある。主治医は教科書に書いてある通りにだけやるのではない。これは各大学、病院などでもずいぶん違う。これを日夜研究し、議論しあう場が学会である。(治療方法ごとの治療成績・症例報告・利点欠点の報告など)

*手術に入ったらDrに質問して欲しいこと。

  • この治療方法の限界は何ですか?現時点での問題点、将来への残された課題は何でしょうか?先生はこれ以外に何か良い方法、やってみたい方法がありますか?
  • この分野は、日本大学は学界などで進んでいますか?
  • この分野は日本では、どこの大学の先生が有名ですか?進んでいるのはどこですか?アメリカやヨーロッパの国々あるいは韓国ではいかがでしょうか?

その他キーワード

  • OA
  • TKA
  • THA
  • PLIF
  • ACL
  • HTO
  • RA
  • ORIF
  • 靱帯、靱帯形成術、半月板損傷、滑膜、軟骨、腱、筋
  • 椎間板ヘルニア、椎体と椎間板、黄色靱帯、前縦靱帯、後縦靱帯
  • 変形性脊椎症、脊椎管狭窄症、間欠性跛行
  • 変形性関節症の原因(一次性・二次性)
  • 臼蓋形成不全
  • 骨頭壊死、化膿性関節炎、骨髄炎
  • 人工関節置換術後の感染症
  • ACL損傷、腱板断裂、反復性肩関節脱臼
  • 腫瘍(骨腫瘍、軟部腫瘍、悪性、良性)→レントゲン(骨膜反応とその種類)
  • 骨髄炎
  • 高齢者によく生じる骨折(大腿骨頚部骨折、椎体圧迫骨折)
  • 骨盤骨折
  • 高齢者の術後合併症
  • 周術期合併症(神経麻痺、深部静脈血栓症・・・・・)
  • 術後の長期的な問題点・合併症(人工関節置換術後の人工物の緩みや感染症など)
  • 既往や合併症(糖尿病、脳梗塞、結核、ステロイドの内服、動脈硬化、透析)

整形外科BSL講義予定表

平成29年4月~平成29年9月 整形外科BSL講義予定表(PDF)